スタッフ 竹中崇

竹中崇(三代目店主)

中央大学を5年(?)で卒業。学生時代は大学より雀荘にいる時間の方が長かったような気がします。

特技は早寝早起き!いつも双子の娘と一緒に寝るのですが、娘達は私のイビキを聞いてから寝ているそうです。

基本的には楽観的な性格で、昔から周りの友人達に「お前はホンマ幸せやな~」とよく言われるほど典型的なB型です。


食べる事が大好きで、外食の時など迷ったらいつも肉料理を注文するほどの肉好きです。その中でもやっぱりステーキが一番ですね。大きな鉄板の上で切り分けてお箸で食べる上品なステーキではなく、分厚いステーキ肉をナイフとフォークでガッツリ食べるのが大好きです。

そんな肉好きの私が肉屋として仕事ができること自体とても幸せな事ですし、
あるお客様が「孫に誕生日何が食べたい?って聞いたら『三ツ輪の肉!』って言われたから買いに来たんよ」と楽しそうに話して下さった時は「妥協せずにやってきてよかったな~」と本当にうれしく思いました。

 

竹中慶子(三代目の奥さん・接客・ギフトの包装や梱包)

とにかく好奇心旺盛、考える前に行動する性格で、お客様や知人から聞いたり、ネットなどで面白そうなことを見つけては子供達や友人と一緒に、以前はパン屋巡り、最近では「○○体験」にハマって色々な所に出掛けています。

また食べることも大好きなんですが料理はまだまだ半人前…お客様に牛肉を使った料理を色々と教えてもらっています。(肉屋なのに?)
いつか私がお客様にご提案できるよう料理の腕を磨いていきます!(笑)


大切な方への贈り物はお任せください!

遠方のお客様にも、お肉を発送する時やギフトとしてご利用いただく時に、先方の顔が見えない分、喜んで頂けるようにお肉の品質や見栄えはもちろんですが、入れ方や包装、梱包に細心の注意を払って送らせて頂いています。
そんな遠方のお客様から感謝のお手紙を頂いた時や店以外の場所で声を掛けて頂いた時、ニュースレターを読んで「いつもありがとう、楽しかったよ」って言って頂いた時など、とても嬉しく「これからも頑張ろう!」と思います。

これからもお客様にお肉を買って頂くだけではなく「楽しいお店やな」「また買いに来たいな」と思ってもらえるような明るいお店づくりを心掛けていきます。(たまにしゃべり過ぎてしまいますが…)

 

竹中利明(父・先代・現在は揚げ物など惣菜を担当)

  • 全国食肉事業協同組合連合会 前副会長
  • 兵庫県食肉事業協同組合連合会 前会長
  • 2016年 旭日双光章受賞

初代の父より店を受け継ぎ30年以上に渡って肉屋をやって参りました。

スタッフ 竹中利明

その間、阪神淡路大震災で家も店も失ったり、商店街がどんどん廃れていき、友人・知人が店を閉めていったりと色んな事がありましたが、長年ご利用頂いているお客様にも恵まれ、妥協せず本当に美味しい牛肉だけを追求してきたおかげか現在も店頭に立ち続けることができています。

メインの精肉業務は三代目(息子)が引き継いでくれていますが、現在も揚げ物などの惣菜を担当し、ご家庭で愛される昔ながらの肉屋の惣菜、肉屋だからこそ出せる味を守り続けていきたいと思っています。

また70年以上お店をやってこれたのも、この地域のお陰です。本当に美味しい上質な牛肉を提供し続け、信頼される肉屋であり続けることはもちろんですが、少しでもこの地域の方々に恩返しができるよう現在は自治会長や民生児童委員も務めさせて頂いています。

子供達が100円玉を握りしめ、「おっちゃん、ハムカツ1つくださーい」と、おやつ代わりに買っていく。

そんな昔も今も変わらない姿を見ていると「長年お店を続けてきてよかったな」と思いますし、まだまだこの地域に恩返しをしていきたいと思っています。

 

竹中 美穂(母・接客・揚げ物など惣菜を担当)

趣味は近所に住んでいるいとこと月1回旅行に行くことです。
美味しい食事をしたり、温泉に入ったり、何気ない世間話をしたりと特別なことをするわけではないんですが、ゆっくりした時間を過ごすのが大好きです。

お店では揚げ物などの惣菜を作ったり接客をしながら古いなじみのお客様や久しぶりに顔を見せてくれたお客様と「お互い元気で何よりやね」「いつまでも元気に頑張らんとね」といった会話を楽しんでいます。

そんなお客様にいつまでも安心して来店して頂けるような「昔ながらのお肉屋さん」でありたいと思います。

スタッフ 竹中美穂