2018/02/19

まるでフィレみたい!「カイノミ」の特徴と美味しい食べ方

カイノミ。

きっと貝類の一種だろうと思ってしまいますが、実は牛肉の部位のひとつです。しかも、焼肉通なら絶対知っているおススメ部位だとか。

あなたは「カイノミ」をご存知ですか?
これを知っておけば、焼肉の席でみんなより一歩リード間違いなし!

 

「カイノミ」ってそもそもどこの部位?

カイノミはカルビの一種です。ちなみにカルビは、韓国語で“あばら肉”を意味します。そのカルビは「中バラ」と「外バラ」に分類され、

  • 背中に近い方のあばら肉を「中バラ」
  • お腹に近い方のあばら肉を「外バラ」

といいます。
カイノミは、背中に近い方のあばら肉である「中バラ」からとれる部位です。

そもそも、なぜ「カイノミ」なのかというと、切り分けたときの肉の形が貝の形に似ているからだそうです。

 

「カイノミ」の味の特徴とは?

ご覧のように、「カイノミ」は赤身肉ですが、適度に霜降りが入っていて、赤身と脂のバランスが抜群です。

バラ肉というと脂っこいイメージなのですが、「カイノミ」はしつこくなく、非常に柔らかくて、まるでフィレ肉のような上品な味わいを堪能できます。

焼肉屋さんでは「上カルビ」として提供されることが多いようです。

 

「カイノミ」のオススメな食べ方は?

上カルビとして提供される「カイノミ」。オススメはやっぱり焼肉です。

焼き加減はミディアムレアがオススメ!
上質な脂身と赤身の柔らかさを存分に楽しめる焼き加減です。

赤身独特の風味と上質な脂身を楽しみたいならシンプルに塩で食べるのがオススメです。また、わさび醬油もいいですね。

 

まとめ:フィレ肉のようなカルビをあなたも是非!

もし、カルビはどれも同じだと思っているのなら、それは非常に残念です。カルビはカルビでも、部位によってその見た目や風味、味わいは個性的です。

今度焼肉に行ったときは、この「カイノミ」をお試しください。メニューに書いていなければ、「カイノミありますか?」と聞いてみてください。もしかしたら出してくれるかもしれません。

まるでフィレ肉のような「カイノミ」をご堪能ください。

美味しいカイノミを購入できるお店はこちら

関連記事

コメントを残す

*

CAPTCHA