2017/04/28

値段が高いだけじゃない神戸ビーフ!

美味しい牛肉を買いに行くと、色々なブランド名がついた牛肉があって、輸入牛よりも値段が高いので、いざ買おうとすると、どの牛肉が美味しいのか迷ってしまうのではないでしょうか?

例えば、ブランド牛の代名詞である、日本三大和牛で言うと、【米沢牛】【前沢牛】【松阪牛】【近江牛】【神戸ビーフ】の名前が有名ですが、どの3銘柄が三大和牛かと言うことは公式には決まっていなくて、それぞれが三大和牛を名乗っているのが現状なんです。

また、どこのブランド牛でも独自の基準を決めていて、美味しい牛肉を頑張って作っているんです。

その基準を分かり易く表にすると・・・

 

ブランド牛の基準

米沢牛

前沢牛

松坂牛

近江牛

神戸ビーフ

品種

黒毛和種

黒毛和種

但馬牛・黒毛和種

黒毛和種

但馬牛

性別などの条件

・出産経験のない雌牛
去勢された雄牛

雄・雌

出産経験のない雌牛

雄・雌

・出産経験のない雌牛
去勢された雄牛

生産地

山形県置賜地方

岩手県奥州市前沢区

三重県松阪市及びその近郊

滋賀県内

兵庫県内

肉質等級・BMS

・3〜5等級
・3〜12

・4、5等級
・5〜12

・1〜5等級
・1〜12

・1〜5等級
・1〜12

・4、5等級
・6〜12

歩留等級

A〜C

A、B

A〜C

A〜C

A、B

枝肉重量

・メス 230~470kg
・オス 260~470kg

神戸ビーフだけ、基準が1項目多くなっていますよね?

なぜかと言うと、但馬牛の肉質などの評価によって、神戸ビーフになるかが決まるからなんです。

但馬牛の肉が神戸ビーフ⁉︎

 

え⁉︎神戸牛と言う牛はいないの?

usihatena

実は、最初から神戸ビーフとして生まれて来る牛はいません。兵庫県で生産された但馬牛からとれた枝肉が厳しい基準を満たした場合に、但馬牛の呼称の代わりに用いることが出来る牛肉のブランド名のことなんです。

ちなみに、枝肉と言うのは、牛の体から皮、骨、内臓などを取り去った肉のことを言うんです。 このとき体から取れる枝肉の割合が大きいほど等級が高くなるんです。 

つまり同じ体重の牛でもたくさんの肉が取れる方が良いということになるんですが、 現在は唯一神戸ビーフだけ、枝肉重量の上限が定められているので、枝肉がたくさん取れたとしても神戸ビーフにはなれないんですね。

また、但馬牛からとれる牛肉は資質・肉質が良いため、但馬牛は松坂牛や近江牛の素牛(生後6~12か月の子牛)になっていますし、また、前沢牛、飛騨牛、佐賀牛などのように、但馬牛の血統を入れることで牛の品種改良が行われていることも多いんです。

それに、三大和牛と言われる牛以外にも、有名なブランド牛がいますが、もともとは但馬牛の血統を受け継いでいる牛が多いんですよ!

それだけ、但馬牛は優秀な牛なんですね。つまり「神戸ビーフ」とは、日本一厳しい基準から選び抜かれたキング・オブ・但馬牛だけが名乗ることができる称号なんです。そして、その肉の流通量の0.16%くらいですので、その稀少さで値段が高くなってしうんですね。

 

まとめ

 

美味しい神戸ビーフを作り出せるのは但馬牛だけなんです。また、細かく厳しい基準で評価されるために他のブランド牛の基準にとっても、参考になっているみたいです。

そして、日本一厳しいと言われる基準をクリアした神戸ビーフは、日本の牛肉の消費流通量のわずか0.16%くらいしかないという稀少さ・・・

そんな【神戸ビーフ】を、記念日やお祝い事などの、特別な日だけでも味わってみてはいかかでしょうか?

関連記事

コメントを残す

*

CAPTCHA