2017/04/28

肉を食べると美肌になる⁉︎

最近肌荒れが気になって、化粧水や美容液でお手入れしても何だか調子悪い事がありませんか?

もしかしたら、ビタミンなどの栄養素が不足しているかもしれないですよ。

どうしても体重が気になるとダイエットの一環で食事制限や肉などを控えてしまいがちだと思うんですけど、美肌を作るには必要な栄養素を取らないとダメなんです。

そこで、オススメしたいのがカロリーも控えめな、もも肉なんです。

もも肉には「内もも」と「外もも」がありますが、一般的には特に区別することなく取り扱いをしています。

特徴としては、ゼラチン質が豊富で歯ごたえがあり、牛肉の中で最も脂肪が少ない部分なんです。

どんな栄養素があるかと言うと、ナイアシンや亜鉛、ビタミンB6、ビタミンB12などが豊富にあり、それぞれを説明すると、

ナイアシン

ナイアシンは、新陳代謝を活発にするために欠かせない成分で、肌や粘膜を健康に保つ効果があります。

亜鉛

亜鉛は、体内では一切生成されない要素で、約300種類の酵素を活性化する働きがあって日々行われている細胞分裂を支える要素なんです。亜鉛を取ることで健康な細胞が生まれ変わって肌荒れやパサパサ髪のトラブルが解消されるんですよ。

ビタミンB6

ビタミンB6は、免疫のバランスを整えてくれて、免疫機能を正常に維持してアレルギー症状を緩和する効果があります。

花粉症などのアレルギー症状でお化粧ノリが悪くなるなんて事が解消されますよ。

ビタミンB12

ビタミンB12は、睡眠と覚醒のリズムを整える作用がある事が分かってきたんです。睡眠をとる事で新陳代謝がよくなり、肌荒れなどが改善され、美容効果が期待できます。

美肌に必要な栄養素が豊富なもも肉ですが、レシピに困ってしまう事の無いようにいくつかご紹介します。

reshipi840500

三ツ輪のオススメレシピ

・厚切りにしてステーキに・・・

・かたまりを使ってローストビーフに・・・

・ポトフなどの煮込み料理に・・・

・焼肉や炒め物に・・・

・薄切りにして、すき焼きや、しゃぶしゃぶに・・・

・カレーの具に・・・

・サラダの材料に・・・

このほかにも、色々な調理方法がありますので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

お肉を準備しようと思うと、どうしても輸入牛肉を選んでしまいがちですが、何と言ってもオススメは神戸ビーフです。

もも肉に含まれるビタミンB12は、ビタミンB群のなかでも、唯一野菜には含まれずに動物からしか補給できないビタミンなんです。

しかも脂肪分が少なくて、美肌効果が期待できるなんて、なんだか夢のような食材ですが、いくら栄養や効能があっても食事はバランスが大切なので食べ過ぎには気をつけてくださいね。

関連記事

コメントを残す

*

CAPTCHA